軍人将棋とは?

この記事はブログ記事を加筆したものです。

ゲームの特徴


軍人将棋は一見将棋のようなゲームですが、相手の駒が見えないという点で異なっています。

また、駒には特有の強さがあり、駒がぶつかったときは強い方が勝ちます(例 大将>中将)。

相手の駒が見えない中で、動きや勝敗から駒の種類を推測していくのがこのゲームの肝であり、面白さでもあります。


ゲームの勝敗


ゲームの目的は佐官(少佐、中佐、大佐) 、将官(少将、中将、大将)のいずれかで相手の総司令部を占領することです。

また、相手の動ける駒が無くなった場合も勝利となります。


駒の強さ


駒にはそれぞれ強さがあります。

軍旗はすぐ後ろの駒と同じ強さになります。

種類が多くて最初は覚えるのが大変だと思いますが、
将官>佐官>尉官、大>中>小 と言った常識的な所から覚えるのが良いと思います。

その他飛行機やタンクのように強い駒、スパイのような特徴的な駒も覚えやすいです。

多少あやふやでも心配有りません。騎兵と工兵の序列まで覚えていなくても十分楽しむことができます。


駒の動き


駒の動きは5種類しか無いため、将棋よりもずっと楽に覚えられます。


地雷 軍旗・・・動けません

工兵・・・前後左右にどこまでも。他の駒や境界を飛び越えることは出来ません

飛行機・・・左右に一マスずつ、前後にどこまでも。他の駒や境界を飛び越えることが出来ます

タンク 騎兵・・・左右、後に一マス、前に1~2マス。他の駒や境界を飛び越えることは出来ません

それ以外・・・前後、左右に一マスずつ

駒の配置


対局の前にあらかじめ駒を配置する必要があります。

突入口の前には軍旗、地雷は置くことが出来ません。

また、軍旗は最後列に置くことは出来ません。

それ以外は自由に配置することが出来ます。


練習


何事も実際にやってみるのが一番の練習です。

コンピュータ対戦で実際に駒を動かして遊んでみましょう。

初めのうちは相手の駒を表示して遊ぶのが良いでしょう。


オンライン対局


ルールをある程度覚えたら、オンライン対戦に挑戦してみましょう。